\n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n

フィアット アバルト595SS

Information

年式:1969年
色:ホワイト
内装:レッドレザー
走行:不明
検査:平成31年08月
4速マニュアル、左ハンドル、サンルーフ

・Price  Ask

Description

フィアット500/アバルト595SSを、ご紹介致します。

戦前から戦後までの長きに渡り生産された、チンクエチェントと呼ばれる小型大衆車は、
1957年、2代目のニューモデルにとって代わられることになりました。
その2代目チンクエチェントこそ、1970年代後半まで販売され大ヒットとなった、NUOVA500(新型500)というモデルです。
皆さんおなじみの愛嬌あるそのスタイルは、現在でも人気が高く、日本国内にも数多く輸入されています。

しかし、ノーマルの性能はとても低く、わずか18馬力/最高速度100キロに満たないそのスペックには、当時から飽き足らないユーザーも数多くいました。
そこに目を付けたのが、フィアットのアフターパーツの開発を手掛けていた、カルロ・アバルトでした。
より高性能なアバルト500、それに続き更にチューニングを高めたアバルト595、そして更に595SSが生み出されました。
その性能向上は著しく、32馬力の出力を得て、オリジナルを遥かに超える性能を手に入れることになりました。
いわゆるアバルトマジックと呼ばれるもので、その後も695、695SSと更に進化を遂げ、様々なレースシーンやラリーなどで優秀な成績を収めています。

さて、そのアバルト595ですが、オリジナルでさえエンジンの振動と音が大きく、さぞかしヤカマシイであろうと想像していましたが、
意外にも、さほどけたたましくもなく、普通にドライブできるのには驚きました。
勿論、静かではありませんし、乗り心地も固めですが、市街地を走るのを躊躇するほどではありません。

馴れたら結構なぺースで飛ばせるようになると思いますが、そこは抑えて行かないと・・・。
そもそも、軽自動車よりも小型軽量なボディー。
現代では、雰囲気を楽しむクルマかも知れません。

当車両は、比較的後期型となる、ドアが後ろヒンジになった500Fをベースにしたタイプ。
まるで冗談のように半開きになったリヤ・エンジンフードは、595SSの特徴とも言えるフォルム。
イエーガーのメーターを備えたレーシーなインスツルメントパネルやマフラーなど、アバルトの魅力満載です。

フィアット500が数多く存在する日本国内でも、オリジナルのアバルト595SSは、まずもって見かける事は少ないと思います。
この稀少なアバルト595SSを、是非この機会に一度、当店にてご覧ください。

ヴィンテージカー
買い取り・下取り致します。

お気軽にご相談ください。
ヴィンテージ湘南 045-300-3750 まで

  • 横浜本社
    神奈川県横浜市瀬谷区南台1-3-2
    横浜サウスプラザ三ツ境
  • 045-300-3750    045-300-3751
  • 10:00am- 7:00pm
  • 藤沢店
    神奈川県藤沢市長後1983-1
  • k-yuyama@shonan-tradings.co.jp
  • Facebook
  • 神奈川県公安委員会許可  第452660004413号

Copyright © 2017  VINTAGE SHONAN All Rights Reserved.